住宅ローン

自己破産|住宅ローン| 任意売却


任意売却とは・・・

任意売却とは、ローンの借り主である債務者が住宅ローンや借入金を支払えなくなった場合、債権者によって差し押さえられた担保不動産が競売で処理されてしまう前に、一般の市場で販売させてもらうことです。
本来ならば競売されるはずの不動産を任意売却で販売することで、市場価格に限りなく近い値段で売却することが可能になります。


任意売却のメリット・・

・市場価格に近い金額で売却できる。
競売より、債権者へより多くの返済が可能になる。
・一般市場で販売するので近隣の人に事情を知られない。
・滞納分の住民税・固定資産税、抵当権抹消費用、抵当権解除の書類代、滞納分管理費(マンションなど管理費のある場合)は債権者が払ってくれる。
・売却後の残債の返済方法を交渉してくれる。


任意売却で不動産の売買が完了をしても、住宅ローンと物件の売買代金の差が残ります。この残る差額のことを残債務と言います。
この残債務には、返済をしなければならない義務があります。


.

Site Menu


HOME
匿名メール相談
競売
任意売却
自己破産後の住宅ローン
住宅ローンの延滞
精神的ケア

当会発足趣旨
当会の信用度
当会概要
当会のテレビCM
政府ネットTVで当方を紹介

アンケートのお願い


自己破産全般の解説
デメリット
メリット
自己破産できないケース
没収されるもの
保証人
プロセス
費用

ブラックか調べる方法


Copyright(C) SJ-Volunteer/住宅ローンSector All Rights Reserved.