住宅ローン

自己破産〓連帯保証人


保証人に資産がある場合・・・

保証人に預金、不動産、その他、保証人となった金額に見合う資産がある場合には、その自己破産者に代わり返済を余儀なくします。
この場合、残債額の一括返済が原則となります。
しかし、金融業者への交渉次第では従来どおり月々の分割返済が可能になる場合もあります。
ですから、自己破産者が保証人にその毎月の支払額を裏で渡し続けていくケースをよく見受けます。


保証人に資産がない場合・・・

保証人に預金、不動産、その他、保証人となった金額に見合うだけの資産がない場合には、保証人も道連れに自己破産を余儀なくします。
保証人はある意味で被害者であるにもかかわらず経済社会は実に残酷です。


.

Site Menu


HOME
匿名メール相談
競売
任意売却
自己破産後の住宅ローン
住宅ローンの延滞
精神的ケア

当会発足趣旨
当会の信用度
当会概要
当会のテレビCM
政府ネットTVで当方を紹介

アンケートのお願い


自己破産全般の解説
デメリット
メリット
自己破産できないケース
没収されるもの
保証人
プロセス
費用

ブラックか調べる方法


Copyright(C) SJ-Volunteer/住宅ローンSector All Rights Reserved.