住宅ローン

自己破産後の住宅ローン


自己破産は『官報記載情報』なので、自己破産後その情報は、個人信用情報機関において最長10年間保有されます。
銀行等の金融機関の場合は、『全国銀行個人信用情報センター』という個人信用情報機関の加盟会員になっていますが、ここの『官報記載情報』が、破産後最長期間である10年間保有されることになっています。
ですから、これが消えるまでは「自己破産後に銀行で住宅ローンを借りるのは難しい。」ということになります。
以下に、他の信用情報機関における保有期間を掲載します。


・株式会社シー・アイ・シー (CIC)(対象=クレジット・信販系)
「官報掲載情報:破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年以内」


・株式会社シーシービー(CCB)(対象=外資クレジット・信販系)
「官報情報・破産関連/民事再生関連:宣告日より7年間」


・株式会社テラネット(クレジット・信販系)
「c. お取引から発生する情報:本契約不履行に係る情報は発生日から5年を超えない期間」


・株式会社日本信用情報機構(もと全国信用情報センター連合会)(消費者金融系)
「債権回収、破産申立、強制解約及び債務整理に関する情報は、発生日から5年を超えない期間」


.

Site Menu


HOME
匿名メール相談
競売
任意売却
自己破産後の住宅ローン
住宅ローンの延滞
精神的ケア

当会発足趣旨
当会の信用度
当会概要
当会のテレビCM
政府ネットTVで当方を紹介

アンケートのお願い


自己破産全般の解説
デメリット
メリット
自己破産できないケース
没収されるもの
保証人
プロセス
費用

ブラックか調べる方法


Copyright(C) SJ-Volunteer/住宅ローンSector All Rights Reserved.